Return to site

皮膚のセンサー『ランゲルハンス細胞』

お肌には誰もが全身に皮膚のセンサー『ランゲルハンス細胞」が存在していてお肌を見張っています。

このセンサーを駄目にしてしまうのが化粧品に多く含まれる”合成界面活性剤・紫外線・加齢です。エステサロンで行うピーリングなどの施術や化粧品も肌のセンサーを傷めてしまいます。

その結果、この細胞が弱くなるとお肌の潤いが出なくなりハリ・くすみ・シワなどの原因になります。

過度のお手入れは美肌にとって逆効果になってしまいます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly